The Ritz-Carlton Residences

ラグジュアリーな暮らしが約束されたサービスレジデンス

マレーシア初となるThe Ritz-Carlton Residences(リッツカールトン・レジデンス)は、クアラルンプール中心部のKLCC(クアラルンプール・シティセンター)に位置する。クアラルンプールのシンボルであるPetronas Twin Towers(ペトロナスツインタワー)からわずか5分という一等地である。

 

48階建てのThe Ritz-Carlton Residencesは、複合施設「Berjaya Central Park(ベルジャヤセントラルパーク)」の一角を占める。

全288ユニットから成り、各ユニットの広さは1,023〜2,142平方フィート(95〜199平方メートル)。上層階45〜48階に位置するペントハウスは、2,605〜4,284平方フィート(242〜398平方メートル)とゆったりと贅沢な作りだ。

 

 

The Ritz-Carlton Residences

 

 

 

24時間対応のコンシェルジュなど卓越したサービス

優雅で心地いいデザインと設計、居住者のニーズに配慮した卓越したサービスなど、The Ritz-Carltonブランドの厳しい基準に準じており、他のどんなサービスレジデンスとも異なるクアラルンプール最高レベルの暮らしを提供してくれる。

 

共有施設としては、インフィニティプール、テニスコート、スパ、フィットネスジム、ラウンジ、プレイグラウンド、プライベートイベント用のオープンテラスガーデンなど、さまざまな設備が9階に備えられている。

 

また、24時間対応のコンシェルジュ、ハウスキーピングサービス、イベント企画サービスなども提供される。

 

 

L9-Residence-Lounge

 

 

 

徒歩圏内に2路線の駅。アクセス至便の都心一等地

クアラルンプールの中心部に位置し、また2つの駅が徒歩圏内にあるため、周辺のさまざまな商業施設にアクセスしやすく、非常に便利なエリアといえる。

 

The Ritz-Carlton Residencesから徒歩一分の場所には、モノレールのブキッナナス(Bukit Nanas)駅があるほか、整備された歩道がLRTのダンワンギ(Dang Wangi)駅まで続いている。

このモノレールとLRTは、クアラルンプール市内の主要な繁華街も経由する。例えば、クアラルンプール国際空港(KLIA)行きのKLIAエクスプレスが発着するKLセントラル駅へは、モノレール、LRTどちらでもアクセス可能だ。

 

徒歩圏内には、Petronas Twin Towers内にあるSuria KLCC(スリアKLCC)、Avenue K(アベニューK)、Pavilion(パビリオン)などいくつもの高級ショッピングモールがあり、インターナショナルスクール、医療センター、レストラン、オフィスや商業施設が入居する複合施設など、暮らしに必要なサービスはほぼそろうといえるだろう。

 

また、観光スポットとしては有名なKLタワーが徒歩圏内にあるほか、KLタワーのふもとにある「ブキナナス森林保護区」に広がる熱帯雨林でトレッキングを楽しむこともできる。

 

 

The Ritz-Carlton Residences

 

 

 

開発会社は世界展開を進める国内随一の財閥、ベルジャヤ

ベルジャヤ・コーポレーション(Berjaya Corporation Berhad)は、マレーシア最大規模の財閥の一つである。ヴィンセント・タン氏が率いる同社は、遊園地などのリクリエーション施設の開発や運営、小売り、金融、旅行、ホテルやリゾート開発、そして不動産開発などさまざまな分野にわたる多角経営を行っている。

 

ベルジャヤ・コーポレーションの100%子会社であるベルジャヤ・ランド(Berjaya Land Berhad)は、長年マレーシア不動産業界の主要企業としてさまざまなプロジェクトを成功させてきており、特にクアラルンプールとその近郊エリアで多くの住宅を開発してきた。

近年では、海外進出に力を入れており、特に韓国とベトナムでその存在感を増している。

 

ベルジャヤ・ランドは、単にモルタルやレンガで住宅を作る開発業者ではなく、「住まい」を通じて新しいライフスタイルを提案し、新しい「住まう」かたちを生み出す企業といえるだろう。

 

 

The Ritz-Carlton Residences

 

Pent-C-01 Pent-A-01 Type-E-01

 

 

【物件名】 The Ritz-Carlton Residences(リッツ・カールトンレジデンス)
【種類】 サービスレジデンス
【エリア】 KLCC(クアラルンプール・シティセンター)
【最寄駅】 Bukit Nanas駅(モノレール)、Dang Wangi駅(LRT)
【住所】 Jalan Sultan Ismail, 50250 Kuala Lumpur, Malaysia
【竣工】 2017
【戸数】 288
【フロア数】 48
【共用設備】 インフィニティプール、テニスコート、スパ、フィットネスジム、ラウンジ、プレイグラウンド、プライベートイベント用のオープンテラスガーデン
【サービス】 24時間対応のコンシェルジュ、ハウスキーピングサービス、イベント企画サービス
【管理費】 RM 1.10/ft²
【間取り】 1〜5部屋
【面積(ft² / ㎡)】 1,023〜4,284 平方フィート / 95〜398 平方メートル
【参考価格】 271万リンギット 〜 1281万リンギット

 

 

 

お問い合わせはこちらから