KLエリア情報

発展が進むクアラルンプールだが、エリアごとに特徴があり、発展度合いも大きく異なる。
最も発展しているのは、PETRONAS Twin TowersがあるKLCCエリアと、繁華街のブキッビンタンエリアだ。現在、次々に高級不動産物件が完成しているのは主にこのエリアである。
一方、今後開発が進む地域として注目されているのが、金融特区だ。
鉄道網のハブとして発展してきたのがKLセントラル。ホテルも多く、ビジネスにも便利な場所である。
高級住宅街として知られるモントキアラバンサーは、日本人を含む駐在の外国人が多く住む住宅街。人気のショッピングモールもあり、買い物や食事にも便利なエリアである。
マレーシア人が多く住むチェラスは、ブキッビンタンなど中心地から近く、住宅地としてポテンシャルがあるエリアである。近年、MRTが開通し、ショッピングモールやコンドミニアムが増えつつあるなど、今後の発展が見込まれる。


クアラルンプールのエリアマップ KLCC ブキッビンタン


 KLCCエリア(ツインタワー周辺)
KLCCエリア情報 KLCC公園
マレーシアのシンボル、PETRONAS Twin Towers(ペトロナスツインタワー)。 その高層部には国際的企業がオフィスを構え、低層階にはショッピングモールやペトロナス・フィルハーモニック・ホール。隣接するのは、コンベンションセンターや水族館、噴水やジョギングトラックを備えた緑あふれるKLCC公園だ。
周囲には5ツ星ホテルやオフィスビルなどの高層ビルが建ち並ぶ。KLCCは、東南アジアを代表する大都会クアラルンプールの熱気を感じられる一等地だ。
▶︎このエリアのさらに詳しい情報はこちらから


 ブキッビンタン
ブキッビンタン pavilion
ブキッビンタンは、PAVILION SHOPPING MALLから延びるブキッビンタン通り(Jalan Bukit Bintang)を中心に広がるマレーシア最大の繁華街である。 ショッピング、飲食店が多く立ち並び、モノレールとMRTの駅もあるなど観光にも住居としても便利なエリアだ。 今後もクアラルンプールの中心地として大規模な複合施設の開発計画も進んでいる。
▶︎このエリアのさらに詳しい情報はこちらから